Agent 51(エージェント51)の攻略

Agent 51 すべてのゲーム

Agent 51の攻略サイトです。Agent 51のデータベースを掲載。ゲーム情報やボーナス情報などの情報もまとめているので、プレイする際の参考にしてください。

爆発力   3.5

ミドルタイプ(調査中) 周期チャンスでも高配当のチャンスあり。


演出力   3.9 

演出は少ないが、10スピン毎にチャンスが来るので常にアツくなれる。


スピード感 3.8 

サクサクプレイできるが、オートに回数制限がないので注意。


おすすめ度 3.9 

チャンスが多いのでマイルドに遊べる上、一撃も狙える仕様。演出がもう少しあればなお良し。

基本スペック

機種名Agent 51
メーカーKalamba Games
ペイアウト率(RTP)96.17%
96.59%〜96.73%(ボーナス購入時)
最高配当調査中
ボーナス購入機能
ジャックポット×
最低ベット0.50ドル
最高ベット50ドル

機種情報

Agent 51

『Agent 51』は5リール、3列のビデオスロットゲームです。

通常時はスキャッタースプリット、ペアリール、拡大ロックフィーチャーの3つの種類のコレクションスピン、フリースピンが搭載されています。

『Goblins &Gemstones』のRTP(還元率)は96.17%%であり、100ドル分プレイされた場合96.17ドルはリターンがあるという理論値となるため、比較的いい数値となっています。

なお、ボーナス購入時のRTPは96.59%〜96.73%となっています。

オートモードでは落下スピードをクイックとターボの2種類から選ぶことができます。

Agent 51ルール

Agent 51
Agent 51

『Goblins &Gemstones』は上記のシンボルが2~3個ウェイ上に揃うと配当コンビネーションがもらえるスロットゲームです。

高配当のシンボルは2個から、低配当は3個から配当コンビネーションが発生します。

1番の特徴は画面上部にあるコレクションメーターです。

リールに累積シンボル(カメラ)が表示されると、コレクションメーターでシンボルが有効になります。10回目のベースゲームスピンごとに、コレクションメーター内の全ての有効なシンボルがスペシャル拡大シンボルになります。

10回目のベースゲームスピンでは、1つ以上の当選組み合わせが発生する場合、有効なスペシャル拡大シンボルが停止したリールの全体がスペシャル拡大シンボルで覆われます。

累積シンボルに2倍もしくは3倍が表示される場合、倍率に関連するコレクションメ―ターの4つのうち1つが有効になります。拡大シンボルにて発生する全ての当選は、そのシンボルのコレクションメータに表示される倍率で計算されます。拡大シンボルはペイラインのどこでも判定されます。10回目のスピンの後、コレクションメーターがリセットされます。

ワイルドシンボルはスペシャル拡大、累積及び追加フリースピンシンボルを除く全てのシンボルを代用します。

Agent 51フリースピン

3つ以上のスキャッターワイルドシンボル(男性図柄)が出現すると8回のフリースピンをゲットできます。

まず最初に、初回スペシャル拡大シンボルがランダムに選択されます。累積シンボル(カメラ)は停止する度に、コレクションメーターの無効なシンボルが選択され、停止したスピンとその後の全てのスピンでスペシャル拡大シンボルになります。

累積シンボル(カメラ)には2倍か3倍の倍率が表示されることがあります。

各追加フリースピンシンボル(UFO)ごとに、2回のフリースピンが与えられます。

HYPERBONUS

HYPERBONUSはフリースピンを購入できる機能です。

通常のフリースピンと同じ性能ですがフリースピン回数・購入金額が違う3種類から選ぶことができます。

  • 8回(ベット数×45.36)
  • 10回(ベット数×63.92)
  • 12回(ベット数×85.30)

となっており、フリースピンが多いほど一回転にかかる費用は大きくなりますが、その分勝率も上がります。(RTPは96.59%〜96.73%)

HYPERBONUSを購入してもそれまで貯めたコレクションメーターはリセットされません。

運営者解説

10スピン毎に訪れるチャンスでマイルドに遊べる!

『Agent 51』は10スピン毎に画面上部のコレクションメーターに貯まったシンボルが拡大して配当がゲットできるという少し変わったゲーム性となっています。

ここで高配当を得ることは難しいですが、10スピン毎にミニボーナスがあるという感覚になるのでマイルドに遊びたい方にはおすすめな機種です。

また、フリースピンの購入機能を持つ機種は多々ありますが、金額によって一回転あたりの単価が変わってくるのもめずらしい特徴です。

フリースピンの購入金額が12スピンと8スピンで倍近く違うので迷いますが、実際プレイした印象だとフリースピン中も追加フリースピンシンボル(UFO)がちょくちょく出現するので、一番少ない8回転を選択しても14スピン以上プレイできることもありました。

1000GAME!回して見た!

実際に『Nuke World』を1000ゲーム回した結果が以下の通りです!

当選回数回転数フリースピン回数配当(ドル)
11242223.82
244314463.08
36781257.94
48901653.08
59291624.32
フリースピン確率合算平均配当(ドル)
1/200124.4

ボーナス購入機能を使用せず通常プレイでのフリースピンは上記の通りになりました。

460ドルoverがあったため平均配当が上がっていますが、平均50ドル程度取れればいい方だと思います。

実践結果まとめ

回転数01002003004005006007008009001000
収支1000962.58931.7903.74917.81386.581351.841480.11430.31440.91403.4
収支(ドル)
+403.4

結果は+68.9ドルのプラス収支でした。

フリースピン中、高配当シンボルにマルチプライヤー×2、×3が付き一撃約370ドルの大爆発!正直期待していなかったのでここまで伸びるとは思わなかったです。

10スピン周期で訪れるチャンスはほとんどがスカか小配当ですが、一度100ドルoverも確認できました。マルチプライヤー次第ではここでも勝負できるというのは大きいですね。

動画

コメント