Big Fin Bay(ビッグフィンベイ)の攻略 – 無料デモプレイ

Big Fin Bay すべてのゲーム
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

Big Fin Bayの攻略実践情報です。です。Big Fin Bayのデータベースを掲載。ゲーム情報やボーナス情報などの情報もまとめているので、プレイする際の参考にしてください。

(当サイトでは配当倍率によってタイプ分けしていますので公式情報と異なる場合があります。)

爆発力   4.0

ハイマックスタイプ 最高配当15,040倍!フリースピンでビッグウィンを狙うゲーム性。


演出力   3.6 

ワイルドシンボルの拡張がメインの演出。


スピード感 3.6 

消化スピードは一般的。拡張リールとワイルドシンボルで一撃ビッグウィンも可能。


おすすめ度 3.5 

通常時・フリースピン時どちらもワイルドシンボルが拡張するのでいつでもビッグウィンが狙えるゲーム性だが、演出は少なく物足りない。

Big Fin Bay基本スペック

機種名Big Fin Bay
メーカーThunderkick
ペイアウト率(RTP)96.14%
最高配当15,040倍
ボーナス購入機能×
ジャックポット×
最低ベット0.1ドル
最高ベット100ドル

Big Fin Bayルール

『Big Fin Bay』は6リール、基本配当ライン5040本、最大配当ライン117649本のスロットゲームです。

ワイルドシンボルはSCATTERシンボルを除くすべてのシンボルの代用となります。

ワイルドシンボルを含んだ配当が成立した場合、ワイルドシンボルはそのリールすべてに拡張します。

Big Fin Bay

通常時にミステリー機能として、最大3個のワイルドシンボルが出現します。この機能時はSCATTERシンボルは出現しません。

Big Fin Bayフリースピン&ボーナスラウンド

Big Fin Bay

SCATTERシンボルが3個以上揃うとフリースピンに突入します。

突入時はSCATTERシンボルが出現しているリールごとにランダムな回数(リールごとに最大6回)のフリースピンを獲得できます。

Big Fin Bay

フリースピン中にワイルドシンボルが出現するとそのリールすべてに拡大、1回転のリスピンをしたのち、リールのマスが1つ増加し配当ライン数が増加します。拡張されたリールはフリースピンが終了するまで継続します。

リールが最大7マスに拡張されると追加のフリースピンが3回獲得できます。

運営者解説

ワイルドシンボルで最大配当ライン117649本を目指す

『Big Fin Bay』では、フリースピン中のワイルドシンボルが拡張し、ライン数が増加するため、複数のリールでワイルドシンボルが出現すればビッグウィンも可能です。最大で117,649本の配当ラインが存在します。

フリースピン中、ワイルドシンボルが出現すると、そのリールが拡張され、より多くのシンボルが表示されるようになります。これにより、配当ラインが増加し、ビッグウィンの可能性が大きく広がります。特に、複数のリールでワイルドシンボルが出現すれば、一気に高配当を得るチャンスが高まります。

この拡張機能により、フリースピン中は常に高い期待感を持ちながらプレイでき、連続的なビッグウィンも狙いやすくなります。最大117,649本の配当ラインがあるため、一度に大量の配当を得ることも可能です。

フリースピンの出現率や平均配当は下記の実践データを参考にしてください。

1000GAME!回して見た!

実際に『Big Fin Bay』を1000ゲーム回した結果が以下の通りです!

当選回数回転数フリースピン配当(ドル)
1658回30.30
21059回13.80
383614回17.40
フリースピン確率合算平均配当(ドル)
1/333.320.5

フリースピン確率は上記の通りです。

重たいフリースピン確率に物足りない平均配当という結果になりました。

フリースピンの初回回数はかなりバラつきがあり、フリースピン中の追加スピンは確認できませんでした。

実践結果まとめ

Big Fin Bay
回転数01002003004005006007008009001000
収支1000979.2940.6897.2870827.3773.5754.3710661.1612.8
収支(ドル)
-387.2

結果は-387.2ドルでした。

Crystal Quest: Arcane Tower』、『Crystal Quest: Deep Jungle』と同じような右肩下がりのグラフになりました。         

単に自分の引きよわもあると思いますが、Thunderkickのゲームはどれもフリースピン確率が重く、配当も大きく伸びるイメージがまったく湧かないのは気のせいでしょうか…

ただし、『Big Fin Bay』に関しては、他のタイトルと比べて複数の配当ラインがあり、見ていられるレベルであるという評価もあります。特にフリースピン中は、リールが拡張されることにより、配当ラインが増加し、大きな配当を期待できるチャンスが広がります。

『Big Fin Bay』では、フリースピン中にリールが拡張されることで最大で117,649通りの配当ラインが可能となり、これがビッグウィンへの期待を持たせる要素となっています。さらに、リールが拡張されるたびに再スピンが発生するため、フリースピン中の連続的な配当も狙いやすくなります。

まとめると、Thunderkickのゲーム全般に対する印象はやや厳しいかもしれませんが、『Big Fin Bay』はその中でも比較的期待が持てるタイトルです。フリースピン中のリール拡張や複数の配当ラインに注目しながら、楽しんでプレイすることをおすすめします!

動画

タイトルとURLをコピーしました