Crystal Strike(クリスタルストライク)の攻略

すべてのゲーム

Crystal Strikeの攻略サイトです。Crystal Strikeのデータベースを掲載。ゲーム情報やボーナス情報などの情報もまとめているので、プレイする際の参考にしてください。(当サイトでは配当倍率によってタイプ分けしていますので公式情報と異なる場合があります。)

爆発力   3.8

ミドルタイプ 最大配当×2500!ダブルアップ機能などのギャンブルで高配当を目指す。 


演出力   3.3 

演出はワイルドシンボルの増加のみでフリースピンやボーナスゲームなどは非搭載。ギャンブル機能付き。


スピード感 4.0 

フリースピンやボーナスゲームなど非搭載なため、サクサクプレイ可能。


おすすめ度 3.5 

ダブルアップ機能など、配当でギャンブルがしたい方向けのスロットゲーム。通常時のクレジットの減りも早く、演出を楽しみたい方には向いていない。

基本スペック

機種名Crystal Strike
メーカーGamomat
ペイアウト率(RTP)96.17%
最高配当2,500
ボーナス購入機能×
ジャックポット×
最低ベット0.2ドル
最高ベット100ドル

Crystal Strikeルール

『Crystal Strike』は5リール、配当ライン20本のスロットゲームです。

ワイルドシンボル(エネルギー球)はすべてのシンボルの代用となります。

ワイルドシンボル出現時は再スピンとなり、複数のワイルドシンボルが画面にある場合、四角形につながりそのシンボルはすべてワイルドシンボルになります。(写真は左下と右下にワイルドシンボルがあるところ)

ギャンブル

通常時に配当が成立した場合、ゲットした配当で2種類のギャンブルに挑戦することができます。ただしオートモード中は挑戦できません。

カードギャンブル

カードギャンブルはカードのシンボルのあるギャンブルボタンをクリックして始めることができます。

裏になっているカードがハート(赤)かクローバー(黒)どちらかを当てるギャンブルです。勝利した場合、配当額が2倍になります。失敗した場合、配当は0となります。

ラダーギャンブル

ラダーギャンブルは、ラダーのシンボルのあるギャンブルボタンをクリックして始めることができます。 勝利すると現在よりも上のハイライトされたステップに着地し、負けると現在よりも下のハイライトされたステップに着地します。

Crystal Strikeフリースピン&ボーナスラウンド

『Crystal Strike』にはフリースピン、ボーナスは搭載されていません。

運営者解説

高配当でギャンブルにチャレンジするのが爆発への道。

『Crystal Strike』はフリースピンやボーナスといった配当を爆発的に伸ばす機能が搭載されていません。

よって通常時にいかにワイルドシンボルを絡ませて高配当を狙うか、もしくはギャンブル機能で一気に増やしていくかの二択となります。しかし高配当過ぎるとギャンブル機能が使用できないため注意が必要です。

通常ゲームのクレジット減りも早いのでピンポイントで遊ぶゲーム性がおすすめです。

1000GAME!回して見た!

実際に『Crystal Strike』を1000ゲーム回した結果が以下の通りです!フリースピン、ボーナスは搭載されていませんので、配当が30ドルを超えたときの結果となります。

当選回数30ドル以上当選回転数配当(ドル)
113434.50
225535.00
379350.00
490333.75
30ドル以上当選確率合算平均配当(ドル)
1/25038.3

30ドル以上当選確率は上記の通りです。

フリースピン、ボーナスがない中でこの数値はかなりきびしめ。

実践結果まとめ

回転数01002003004005006007008009001000
収支1000982.5965.25947.5892.25813821.25763.25806727.75697
収支(ドル)
-303

結果は-303ドルでした。

フリースピンやボーナスといった配当を伸ばすタイミングがない上に、30ドル以上の配当もなかなか出ない…正直どうやって勝つのかがまったく見えないスロットと言わざるを得ないですね…

オートモードでプレイしていると気づかない(使用できない)ギャンブル機能ありきな印象を受けました。ただ毎回の配当を全部ギャンブルに挑戦するのは無謀と言えます…

しかもクレジットの減り方も多い時は100ゲームで80クレジットも減ります。

唯一の救いはワイルドシンボルの増加で、これに関しては比較的出現しやすいので、ここで高配当をゲットしてギャンブルに注ぎ込むという方法がもっとも高配当を得られる方法かもしれません。

動画

コメント