God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)の攻略

すべてのゲーム

God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)の攻略サイトです。God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)のデータベースを掲載。ゲーム情報やボーナス情報などの情報もまとめているので、プレイする際の参考にしてください。

(当サイトでは配当倍率によってタイプ分けしていますので公式情報と異なる場合があります。)

爆発力   3.1

ミドルタイプ 最高配当1,400倍!フリースピンとボーナスで配当を伸ばすタイプ。


演出力   3.1 

演出はほとんどなく、ボーナスも面白くない。かろうじてフリースピンだけはまぁまぁ。


スピード感 3.5 

消化スピードは早めだが一撃ビッグウィン期待感がほとんどない。


おすすめ度 3.1 

すべての面で物足りない。余程の理由がない限り遊ぶ必要なし。

God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)基本スペック

機種名God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)
メーカーRed Tiger
ペイアウト率(RTP)96.21%
最高配当1,400倍
ボーナス購入機能×
ジャックポット×
最低ベット0.1ドル
最高ベット400ドル

God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)ルール

God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)

『God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)』は5リール3列、配当ライン20本のスロットゲームです。

ワイルドシンボルはSCATTERシンボルを除くすべてのシンボルの代用となります。


God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)フリースピン&ボーナスラウンド

フリースピン

God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)

フリースピンシンボルが3個以上揃うとフリースピンに突入します。フリースピン回数は突入時にランダムで決定されます。

フリースピン中は3×3の巨大ワイルドシンボルが出現します。

スクロールボーナス

God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)

最大ベットx138の配当を獲得できるボーナス。

3つの選択肢の中から1つを選択し、表示された配当を獲得できます。

God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)

「もう一度選択」と表示されていれば継続、「精算」と表示されればその時点での配当を獲得となります。

運営者解説

フリースピンとボーナスの2種類あるが…

『God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)』はフリースピンとボーナスの2種類で配当を伸ばしていくタイプです。

しかしボーナスは最大ベットx138までの配当なので、フリースピンでどれだけ頑張れるかにかかっています。

詳細は下記実践データをご覧ください。

1000GAME!回して見た!

実際に『God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)』を1000ゲーム回した結果が以下の通りです!

当選回数回転数フリースピン回数・ボーナス配当(ドル)
11065回44.5
25656回65.5
3592ボーナス14.0
4712ボーナス11.0
57286回52.4
フリースピン確率合算平均配当(ドル)
1/20037.5

フリースピン確率は上記の通りです。

実践結果まとめ

回転数01002003004005006007008009001000
収支1000946.3927.6881.5833.9775.9787.6737.2729.6681.9610.9
収支(ドル)
-389.1

結果は-389.1ドルでした。

結論から言うとあまり魅力を感じないゲームですね…。

演出の少なさをカバーするようなゲーム性ではない上、フリースピンでもビッグウィンの期待感があまり持てない…せめてマルチプライヤーなどがあればもう少し楽しめましたがそれもない。ボーナスもまったく面白くなくなかなか継続しない&しても最大x138までの配当しか取れない。

それならコイン持ちがいいかと思いきや、数十ドルの小当たりも少なくコイン持ちが悪い…

正直、このゲームをプレイするメリットがないですねー…。

せめてボーナスをSTタイプにするとかフリースピン中に演出がガラッと変わるとか通常時の演出増やすとかはしてほしいところ。

ある意味逆におすすめではありますが、触る必要はまったくないと思います。

どのメーカーもそうかもしれませんが、特にRed Tigerのゲームは当たり外れがめちゃくちゃはっきりしているので注意してください!

個人的には『Gonzo’s Quest Megaways』や『10 001 Nights』は楽しく遊べ、かつビッグウィンも十分狙えるゲームだと思います!

God Of Wealth(ゴッド・オブ・ウェルス)

コメント