Jingle Bells Power Reels(ジングルベルズパワーリールズ)の攻略 – 無料デモプレイ

Jingle Bells Power Reels すべてのゲーム
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

Jingle Bells Power Reelsの攻略実践情報です。Jingle Bells Power Reelsのデータベースを掲載。ゲーム情報やボーナス情報などの情報もまとめているので、プレイする際の参考にしてください。

(当サイトでは配当倍率によってタイプ分けしていますので公式情報と異なる場合があります。)

爆発力   3.6

マックスタイプ 配当6,000倍以上!


演出力   3.8 

フューチャー演出は4パターン。出現率はそこまで高くない印象。


スピード感 3.9 

通常時の消化は早いがフリースピン時はスキップできない。


おすすめ度 3.7 

Red Tigerの『10 001 Nights』と似たゲーム性だが、こちらの方が爆発力は抑えめ。

Jingle Bells Power Reels基本スペック

機種名Jingle Bells Power Reels
メーカーRed Tiger
ペイアウト率(RTP)95.73%
最高配当6,000倍
ボーナス購入機能×
ジャックポット×
最低ベット0.1ドル
最高ベット80ドル

Jingle Bells Power Reelsルール

Jingle Bells Power Reels

『Jingle Bells Power Reels』は配当ライン20本のスロットゲームです。

ワイルドシンボルはSCATTERシンボルを除くすべてのシンボルの代用となります。

ゲーム中はビッグウィンが狙える4つのフューチャーが用意されています。

メガワイルド

Jingle Bells Power Reels

サンタが5×6のワイルドシンボルをリールのどこかに出現させます。

クリスマスツリーマルチプライヤー

Jingle Bells Power Reels

サンタがクリスマスツリースターを揺さぶると次の賞金に適用されるマルチプライヤーを獲得できます。

レイニングワイルド

Jingle Bells Power Reels

サンタがリール上をスキップしてクリスマスプレゼントを投げると、ランダムな数の1×1または2×2のワイルドシンボルをリール上に出現させます。

ウィニングリール

Jingle Bells Power Reels

サンタの魔法でウィニングリールが形成されます。低配当シンボルがすべてリールから取り除かれ、そのスピンでは高配当シンボルのみが止まり配当成立が確定します。

Jingle Bells Power Reelsフリースピン

Jingle Bells Power Reels

フリースピンシンボルが3個揃うと8回のフリースピンに突入します。さらにフリースピンシンボルが追加で1個増える毎に3回のフリースピンが獲得できます。

フリースピン中は3個のフリースピンシンボルで、5回の追加フリースピンを獲得できます。さらにフリースピンシンボルが1個増える毎に3回の追加フリースピンを獲得できます。

フリースピン中は4つのフューチャーの出現率が大幅にアップしています。

運営者解説

フリースピン中はフューチャー出現率大幅アップ

『Jingle Bells Power Reels』では通常でもフューチャーが出現するのである程度のまとまった配当をゲットすることができます。

フリースピンに突入すると、通常時ではあまり発生しないフィーチャーが頻繁に発動するようになり、そのためビッグウィンのチャンスが一気に広がります!ここでビッグウィンを出さないと勝利は難しい…!

フリースピン確率は以下の実践データをご覧ください。

1000GAME!回して見た!

実際に『Jingle Bells Power Reels』を1000ゲーム回した結果が以下の通りです!

当選回数回転数フリースピン回数配当(ドル)
1423873.0
24491117.6
フリースピン確率合算平均配当(ドル)
1/50045.3

フリースピン確率は上記の通りです。

かなり重たいフリースピン確率で、平均配当もきびしめでした。その分通常時にフューチャーが発動するのでバランスを取っているという印象です。

実践結果まとめ

回転数01002003004005006007008009001000
収支1000922.8966.2916.1848.1908.1843.4808.4741.3768.4771.5
収支(ドル)
-228.5

結果は-228.5ドルでした。

今回の実践では、フリースピン確率が非常に悪く、フィーチャーの出現率も低かったため、なかなか厳しい展開となりました。

同じRed Tiger社の『10 001 Nights』では、フィーチャーが同時に発動することがあり、ビッグウィンの期待感が高めでしたが、こちらのゲームではフィーチャーが同時発動することはなさそうです。そのため、フィーチャー単発で頑張らなければならない…

さらに、フリースピンに突入してもフィーチャーがあまり発生しないという地獄のループに陥りました。これはもう、ジャックポット待ちかもしれません…

今回の実践で感じたのは、かなりの投資が必要になりそうな印象しか残らないということです。通常時でも配当が伸び悩み、フリースピン突入率も悪いため、資金に余裕があるときにプレイするのが良いかもしれません。

Red Tigerの他のゲームに比べて、ビッグウィンを狙うのはかなり難しい印象でしたが、一度フューチャーが発動すると高配当が期待できることもあります。今回は残念ながら、そのチャンスに恵まれませんでしたが、運が良ければ大きな勝利を手にすることができるかもしれません!

全体的に、かなりのリスクを伴うゲームですが、それでも挑戦したい方にはおすすめです。

Jingle Bells Power Reels

動画

タイトルとURLをコピーしました