Lord of the Fireflies(ロードオブザファイアフライズ)の攻略

Lord of the Fireflies すべてのゲーム

Lord of the Firefliesの攻略サイトです。Lord of the Firefliesのデータベースを掲載。ゲーム情報やボーナス情報などの情報もまとめているので、プレイする際の参考にしてください。(当サイトでは配当倍率によってタイプ分けしていますので公式情報と異なる場合があります。)

爆発力   3.4

ミドルタイプ 最高配当調査中 ロングフリースピン×マルチプライヤーで高配当を狙う。


演出力   3.6 

アクションはほぼなく、フリースピン突入時に選択する程度。


スピード感 4.0 

オートプレイができないが、タップすればかなりの高速消化が可能。フリースピン中だけオートでサクサクプレイされる。


おすすめ度 3.7 

通常時でも中配当以上が出ることが多い。フリースピンではマルチプライヤーが発動するがそこまで期待できない。

基本スペック

機種名Lord of the Fireflies
メーカーRoxor Gaming
ペイアウト率(RTP)95.01%
最高配当調査中
ボーナス購入機能×
ジャックポット×
最低ベット0.25ドル
最高ベット100ドル

Lord of the Firefliesルール

『Lord of the Fireflies』は有効ライン25本のスロットゲームです。

プレイスピードは通常のみ(タップで加速可能)、オートモードはなしとなっています。

ワイルドシンボルはSCATTERシンボルを除くすべてのシンボルの代用となり、ワイルドシンボルを含む配当は獲得額が2倍となります。

Lord of the Firefliesフリースピン

SCATTERシンボル(蝶)が3個以上揃うとフリースピンに突入します。フリースピン回数3回、マルチプライヤー×2がまず初期値で与えられ、それに上乗せした数値でフリースピンが始まります。

上乗せではまず3個のSCATTERシンボルから1個を選び、捕まえるホタルの数を決定します。そのあと、ホタルを選んで追加するフリースピンの初期回数、マルチプライヤー値を決定します。

また、SCATTERシンボルが3個出現すると最初に獲得したフリースピンと同じ回数のフリースピンが追加されます。

運営者解説

フリースピンは回数で勝負!

『Lord of the Fireflies』のフリースピンは突入時に回数とマルチプライヤー抽選します。ここで最大フリースピン回数34回、最大マルチプライヤー×4までゲットできます。

初期回数が30回以上も取れるスロットゲームはなかなかない上、マルチプライヤーまで付いてくるのである程度のまとまった配当が得られやすいと言えそうです。

ただ、ペイアウト率は95.01%と決して高い数値ではないので過度な期待は禁物です。

1000GAME!回して見た!

実際に『Lord of the Fireflies』を1000ゲーム回した結果が以下の通りです!

当選回数回転数フリースピン回数・マルチプライヤー配当(ドル)
14311・×21.92
25610(+10)・×337.28
310712・×23.76
411216・×39.12
51526・×24.80
620313・×210.16
720717・×381.00
828813・×28.80
932414(+14)・×4106.12
10423 5・×21.44
11480 20・×221.44
125186・×21.28
1355332・×310.68
146429・×24.00
1568814(+14)・×330.00
169456・×24.48
フリースピン確率合算平均配当(ドル)
1/62.521.0

フリースピン確率は上記の通りです。追加フリースピンが出現したのは3回でした。

今回の実戦では最大マルチプライヤー×4以上が1回、フリースピン初期回数は32回(最大34回)が出現しました。

フリースピン確率の軽さからしてみれば平均配当はそこそこ妥当な数値と言えそうです。

実践結果まとめ

回転数01002003004005006007008009001000
収支1000967.72998.81091.521117.611511131.641119.521190.321274.61220.48
収支(ドル)
+220.48

結果は+220.48ドルでした。

フリースピンの配当よりも通常時に50ドル、100ドルoverがたびたび出現してくれたおかげでプラスに持っていけた印象です。

フリースピン確率はかなり軽い部類に入りますが、平均配当は少なめ。高配当を狙うならマルチプライヤー×3以上は欲しいところ。捕まえるホタルの回数は2〜6回(実践上)が選択されるので、6回をいかに引けるかが勝敗を分けると言えそうです。

コメント