Miner Donkey Trouble(マイナードンキートラブル)の攻略

Miner Donkey Trouble すべてのゲーム

Miner Donkey Troubleの攻略サイトです。Miner Donkey Troubleのデータベースを掲載。ゲーム情報やボーナス情報などの情報もまとめているので、プレイする際の参考にしてください。

爆発力   4.0

ハイマックスタイプ 最高配当×10000!爆発力十分!クレジット減りもマックスレベルかも


演出力   4.0 

アクションは豊富で楽しめる


スピード感 3.5 

演出が豊富な分、消化スピードは遅め。


おすすめ度 3.5 

演出はおもしろいが爆発力が『Reactoonz』と比べても劣る印象。

基本スペック

機種名Miner Donkey Trouble
メーカーPlay’n GO
ペイアウト率(RTP)96.27%
最高配当10,000
ボーナス購入機能×
ジャックポット×
最低ベット0.20ドル
最高ベット100ドル

機種情報

Miner Donkey Trouble

『Miner Donkey Trouble』は5×7のグリッドでプレイされるスロットゲームです。

RTP(還元率)は96.27%であり、100ドル分プレイされた場合96.27ドルはリターンがあるという理論値となります。

プレイスピードは通常とクイックの2種類です。

Miner Donkey Troubleルール

『Miner Donkey Trouble』は同じシンボルが縦横に5個以上並ぶと配当となるドロップ方式のスロットゲームです。

ドロップ方式:配当が成立したシンボルはすべて消え、残りのシンボルは画面の下に落ち、その後にシンボルが上から追加される

配当表は上記の通りで、左4種類が高配当シンボル、右4種類が低配当シンボルとなっています。

GOLDEN NUGGETシンボル(金の鉱石)が盤面一番下の黄色枠に止まると1個に付きマルチプライヤーが1増加し、シンボルは消滅します。

DONKEY DESTRUCTIONフィーチャー

Miner Donkey Trouble

消したシンボルの数に応じて画面左側にいるロバのDONKEYにニンジンをあげよう!

一本目 18個の勝利シンボルが必要
アクション:低配当シンボルをすべて破壊

二本目 +22個(計40個)の勝利シンボルが必要
アクション:GOLDEN NUGGETシンボル以外すべて破壊

三本目 +10個(計50個)の勝利シンボルを必要
アクション:GOLDEN NUGGETシンボル以外すべて破壊したあとに、最大で5個のGOLDEN NUGGETSを追加

一回転でアクションが発動するのは一回のみです。

MEGAシンボル

Miner Donkey Trouble

勝利の出なかったゲームでMEGAシンボルが出現することがあります。

最大2個の同一の宝石、岩石、またはワイルドシンボルがランダムにその他のシンボルと置き換わります。

PICKAXE WILD

Miner Donkey Trouble

MINER’S PICKAXEシンボル(つるはし)が出現するとワイルドシンボルをルーレットで当選した分出現させるPICKAXE WILDとなります。

PICKAXE WILDは4~10個のワイルドシンボルを追加します。ワイルドシンボルに置き換わるのは宝石と岩石のシンボルのみです。

Miner Donkey Troubleフリースピン

DYNAMITE SCATTERシンボル

Miner Donkey Trouble

DYNAMITE SCATTERが爆発すると縦横2シンボル分が消滅となり、代わりに2個のワイルドシンボルが追加されます。

Miner Donkey Trouble

また、1回のゲームラウンドで3個のDYNAMITE SCATTERSを爆破すると5回のフリースピンをゲット!

さらに3個のDYNAMITE SCATTERSをフリースピン中に爆破すると+5回追加されます。 (最大で20回のFREE SPINS)

マルチプライヤーはフリースピンの間はリセットされないので高配当の大チャンス!

運営者解説

マルチプライヤーを貯めてフリースピン突入が高配当への近道!

『Miner Donkey Trouble』では通常時のマルチプライヤーがフリースピンに引き継がれます。つまり通常時にドンキーに三本目のエサをあげておけばスタートから高マルチプライヤーでフリースピンを回せます!

あとはフリースピンの初期回数が5回と少ないのでいかに追加できるかがポイントです。

同じようなシステムの『Reactoonz』よりも爆発力が抑えられている印象です。

1000GAME!回して見た!

実際に『Miner Donkey Trouble』を1000ゲーム回した結果が以下の通りです!

当選回数回転数フリースピン回数・マルチプライヤー配当(ドル)
140210回・×17114.9
24875回・×939.2
34915回・×1229.0
45815回・×924.4
562310回・×1690.0
66875回・×36.5
「GARGANTOON」到達確率平均配当(ドル)
1/166.750.7

Reactoonz』と同じフリースピン確率ですが平均配当は30ドル以上も差がつきました。フリースピン回数を伸ばせない、マルチプライヤーを上げれないまま突入、などが重なるとかなりきびしい展開。

実践結果まとめ

回転数01002003004005006007008009001000
収支1000957.1900848.2785.6901.9867926.3879.7803.5729.8
収支(ドル)
-270.2

結果は-270.2ドルとかなりのマイナス…

通常時の配当が少ないのでフリースピンが引けないと100ゲームで80ドルほど減…。『Reactoonz』は波は荒いけど一撃があるという印象ですが、こちらはちょっときびしい印象しか残らなかったですね。

今回のフリースピンでは三回に一回の割合で追加スピンが発生しましたが、せめてフリースピン初期回数は10回は欲しいところ。

ただ、演出はそれなりにおもしろく、消化スピードは早くないのでのんびり遊びたい方には向いているかもしれません。

動画

コメント