FBI(連邦捜査局)が北朝鮮のラザラス・グループを4100万ドルのステークハックの実行者と特定

オンカジ最新ニュース
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

FBIが北朝鮮関連のラザラス・グループが、仮想通貨カジノStakeでの最近のセキュリティ侵害の背後にいることを発表しました。この侵害により、4100万ドル相当のデジタル資産が盗まれました。この情報は、事件発生後数日で明らかになりました。

最初、Stakeカジノはこの活動を「権限のない転送」と認識しました。会社はすぐに、侵害が特定された直後に内部調査が開始されたことをユーザーに保証しました。

FBIの調査結果に基づき、同局は不正流用された資産を保持しているとされる複数のデジタルウォレットアドレスのリストを共有しました。エージェンシーによれば、このグループはビットコイン、イーサリアム、ポリゴン、およびバイナンススマートチェーンを含むいくつかのネットワークを介して仮想通貨を転送することに成功しました。

さらに、FBIはこの事件とラザラス・グループに帰属される他の最近の攻撃との類似点を特定しました。これにはAtomic Walletと関連する大規模な強盗、AlphapoとCoinsPaidを含むものがあります。このグループは、過去数年間にわたる重要な仮想通貨関連の窃盗事件と関連付けられており、分析会社Ellipticによると、盗まれたデジタル資産は20億ドル以上に上ると報告されています。

以前の事件では、米国財務省がラザラス・グループを関連付け、プレイトゥアーン仮想通貨ゲームAxie Infinityに影響を与えたRonin Networkに関連する重大な侵害に関与したと発表し、これにより6億2200万ドルの損失が発生し、これまでの仮想通貨の悪用事件で最も多額の損失の1つとなりました。

ラザラス・グループは自分たちの活動を隠蔽するために、コインミキシングプロトコルTornado Cashを使用しており、これは米国財務省によって7億ドルの仮想通貨の洗浄を助けたとして制裁を受けたサービスです。昨年、アメリカの連邦裁判所の判決により、このサービスはさらに禁止されました。

さらなる複雑さが生じたのは、Tornado Cashの共同設立者であるロマン・ストームが2023年8月にアメリカ司法省に逮捕されたときでした。ストームは今、資金洗浄の共謀と制裁の違反を含む数々の告発に直面しており、Tornado Cashとその運用に対する一連の告発が行われています。

出典:Decrypt.co