Tome of Madness(トムオブマッドネス)の攻略

すべてのゲーム

Tome of Madness(トムオブマッドネス)の攻略サイトです。Tome of Madness(トムオブマッドネス)のデータベースを掲載。ゲーム情報やボーナス情報などの情報もまとめているので、プレイする際の参考にしてください。

(当サイトでは配当倍率によってタイプ分けしていますので公式情報と異なる場合があります。)

爆発力   3.2

ミドルタイプ 最高配当2,000倍!フリーラウンドでビッグウィンを目指すゲーム性。


演出力   4.0 

Play’n GOお得意の連鎖がおもしろい。


スピード感 3.7 

消化スピードは一般的。当たりは多いが超ビッグウィンは難しい印象。


おすすめ度 4.0 

Sweet Alchemy(スウィート・アルケミィ)』と似たゲーム性。中配当を積み重ねていく印象。

Tome of Madness(トムオブマッドネス)基本スペック

機種名Tome of Madness(トムオブマッドネス)
メーカーPlay’n GO
ペイアウト率(RTP)96.59%
最高配当2,000倍
ボーナス購入機能×
ジャックポット×
最低ベット0.1ドル
最高ベット100ドル

Tome of Madness(トムオブマッドネス)ルール

Tome of Madness(トムオブマッドネス)

『Tome of Madness(トムオブマッドネス)』は5×5リール、シンボル4つ以上で配当成立となるスロットゲームです。

ワイルドシンボルはすべてのシンボルの代用となります。

スペシャルワイルドはポータル効果を発動する可能性があり、マルチプライヤーワイルドは配当を2倍にします。

目の印

Tome of Madness(トムオブマッドネス)

通常時、スピン毎にランダムな位置に表示されている紫色の枠「目の印」の中で配当が成立するとスペシャルワイルドがランダムな位置に2個追加されます。

ポータル

Tome of Madness(トムオブマッドネス)

配当が成立するとポータルが増加し、個数に応じたワイルドシンボルが生成されます。(7個、14個、27個の勝利シンボルでそれぞれ2個のスペシャルワイルド追加)

ポータルをマックス42個貯めるとフリーラウンドに突入します。

追加で3つのシンボルが成立するごとにフリーラウンドで使用できるポータル効果が追加されます。(最大7つ)

ポータル効果は下記の通りです。

ABYSS アビス

Tome of Madness(トムオブマッドネス)

アビスが発生すると横列か縦列のシンボルをすべて削除します。

VOID ヴォイド

Tome of Madness(トムオブマッドネス)

ヴォイドはランダムに1つの通常シンボルを選択しグリッドから削除します。

Tome of Madness(トムオブマッドネス)フリーラウンド

Tome of Madness(トムオブマッドネス)

ポータルをマックス42個貯めるとフリーラウンドに突入します。

フリーラウンド中に配当がない場合はポータル効果のいずれかが発動します。

Tome of Madness(トムオブマッドネス)

フリーラウンド中に「目の印」すべてで配当を成立できると2×2のメガワイルドが出現し、配当を成立させながら下に落ちていきます。

運営者解説

メガワイルド到達でビッグウィンの大チャンス!

『Tome of Madness(トムオブマッドネス)』はフリーラウンドでビッグウィンを狙うゲーム性です。

フリーラウンドの最終到達点でもあるメガワイルドが出現すればビッグウィンの大チャンスですが、到達しなくても十分チャンスはあります。

詳細は下記実践データをご覧ください。

1000GAME!回して見た!

実際に『Tome of Madness(トムオブマッドネス)』を1000ゲーム回した結果が以下の通りです!

メガワイルド到達回数回転数配当(ドル)
117109.8
249100.1
312953.6
4561141.9
5675153.0
677466.1
797473.1
メガワイルド到達確率合算平均配当(ドル)
1/142.999.7

フリースピン確率は上記の通りです。

上記はメガワイルド到達時の確率となっているため、フリーラウンド到達率だとさらに高確率となります。

実践結果まとめ

Tome of Madness(トムオブマッドネス)
回転数01002003004005006007008009001000
収支100012031199.11113.31060.8989.61078.11289.11270.31302.11357.8
収支(ドル)
+357.8

結果は+357.8ドルでした。

かなりの頻度でチャンスが生まれますが、最大配当2,000倍からも分かる通り、そこまでの超ビッグウィンは正直出にくい印象です。

さらにチャンスの回数が多い分、若干コイン持ちが悪い瞬間もあります。

とはいえPlay’n GOの連鎖系は見てておもしろいので一度はプレイするのをおすすめします!

Tome of Madness(トムオブマッドネス)

動画

コメント